国産うなぎお取りよせ

国産うなぎお取りよせ

国産うなぎの取り寄せのお勧め紹介。

いくよ通販 > 国産うなぎお取りよせ

国産うなぎ

幼魚が減って、価格が高騰しているうなぎですが、
日本人にとってうなぎは人気が高いです。

夏の土用の丑の日は特に、
うなぎの人気があがり、
うなぎを食べようと思う人が多いです。

外国産のうなぎもたくさん出回りますが
せっかくだからおいしい国産のうなぎが食べたい
と思うのが人の心。

うなぎ屋さんに出かけて、
楽しむのもいいですが、
家庭で手軽にうなぎが楽しめるのが
うなぎの通販。

うなぎ専門店の蒲焼など、
うなぎ職人さんが腕を振るった
おいしい国産うなぎのお取りよせをご紹介しましょう。

国産うなぎお取りよせランキング

うなぎと言えば浜松あたりを思い浮かべる人も多いかも。

でも、時期によっておいしくなる
日本各地のうなぎがあるんですよ。

1位 三河一色うなぎ

三河一色うなぎの詳細・注文はこちら

背中が青く、お腹が白い、そして何とも言えない柔らかな感触。うなぎ職人が“アオテ”と呼ぶ上質のうなぎです。

”アオテ”と呼ばれる肉質の柔らかい上質なうなぎのみを選別してお届け。

うなぎ生産量日本一の愛知県一色町直送のうなぎの蒲焼きです。

家族で自宅で楽しむもよし、あるいはお中元等の贈答に利用できます。

三河一色うなぎの詳細・注文はこちら

2位 うなぎ屋かわすい川口水産

うなぎ屋かわすい川口水産のお勧めはこちら

国内の産地(鹿児島、宮崎、徳島、高知、三重、愛知県など)から仕入れたうなぎを、職人が厳選し、自家製秘伝のタレで香ばしく焼き上げています。

欲しい時に温めるだけで直ぐに食べる事ができます。

一番の人気は特大うなぎのお試しセット
です。

うなぎ屋かわすい川口水産のお勧めはこちら

3位 うなぎの井口 長蒲焼

うなぎの井口 長蒲焼はこちら

うなぎの井口。

地元の蔵元"花の舞"の辛口酒に三温糖を最適な配合でブレンドした、保存料等を一切使用していない無添加のたれは、まろやかな甘さが特徴で、口の中にじんわりと美味しさが広がります。

白焼の状態でうなぎの素材の美味しさを引出し、オリジナルのたれでその美味しさをさらに引き出しています。

うなぎの井口 長蒲焼はこちら

4位 大分水産 温泉で育てたうなぎ

大分水産 温泉で育てたうなぎはこちら

ちょっと自慢の育てかたしたうなぎ。

大分県杵築市は大分水産の「うなぎの蒲焼」。

大きくてふっくらとしたうなぎで、身はほどよく引き締まり、脂の甘みもしっかり感じられるそれでいて後味は爽やかとひょうばんです。

大分水産 温泉で育てたうなぎはこちら

5位 老舗うなぎ専門店の「国産うなぎの蒲焼き」

老舗うなぎ専門店の「国産うなぎの蒲焼き」はこちら

老舗の「うなぎ屋さん」が丁寧に焼き上げたものが届きます。

「うなぎ」は注文が入って調理する為、作り置きはしていません。

うなぎは国産で養殖した生きているうなぎ(活鰻)を使用しています。

産地は、仕入れ、活鰻の状況により愛知、静岡、宮崎、鹿児島産を使用しています。

老舗うなぎ専門店の「国産うなぎの蒲焼き」はこちら

ひつまぶしお取りよせ

うなぎの食べ方と言えば、
蒲焼が最も定番。

白焼きをわさび醤油で、、、
というお父さんもいらっしゃいますが、
蒲焼を、白いご飯に乗せて、うな丼、うな重
と言う方が多いです。

そんな蒲焼を、小さく刻んで
ご飯と混ぜたひつまぶし。


そのまま食べてもおいしいし、
わさびやねぎを添えて食べてもいいですね。

そして何よりも締めに食べる
お茶漬けが、、、、

名古屋の文化と言われるひつまぶしですが、
雑誌などでもお取りよせが紹介されています。

 

名古屋『しら河』ひつまぶし

名古屋『しら河』ひつまぶしの詳細・注文はこちら

ひつまぶしと言えば名古屋。

週刊現代の逸品でも紹介された『しら河』ひつまぶしのお取りよせ。

「数あるひつまぶしの中でも、たれがあっさりとして、甘みも上品な『しら河』が一番のお気に入りです」 と画家の城戸真亜子さんがおすすめでした。

上品な味わいの名古屋名物を気軽に自宅で楽しめます。

名古屋『しら河』ひつまぶしの詳細・注文はこちら

特撰うなぎ鍋

あまりなじみがないかもしれません。

うなぎを使ったつみれと、うなぎの白焼きを
すっぽんの出汁を使って鍋仕立てにした京懐石です。

それが、京野菜とセットで届きます。

京懐石 美濃吉本店竹茂楼の特選うなぎ鍋


うなぎ通なら是非、お試しあれ

 

京懐石 美濃吉本店竹茂楼 特撰うなぎ鍋

国産うなぎお取りよせ トップへ戻る

Copyright 2015 © いくよ通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ